この度の台風19号による豪雨災害により被災された皆さまには、謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
台風19号の影響による荷物のお届けについて 詳しくはこちら

  1. TOP
  2. B.A グランラグゼⅢ
  • NEW

スキンケア/エッセンス(美容液)

B.A グランラグゼⅢ

「好奇心」と肌との関係性に着目した新次元の脳科学発想スキンケア。ポーラを代表する美容成分※を、この1本に。
※美容成分:保湿成分

50g

本体¥79,200(税込)

50g

リフィル¥75,900(税込)

医薬部外品
微賦香
アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)

数量
合計金額

-

ご購入はお一人さま2個が上限となっております

カートに入れる
お気に入り登録

B.A ローション

本体 200ml

数量1

¥6,000(税込)

が付いている商品は、軽減税率対象品(8%)となります。

B.A グランラグゼⅢ

エイジング研究に、脳科学のアプローチを。

私たちの脳は、メッセージ物質(神経伝達物質やホルモンなど)によって感情をコントロールしたり、体内のさまざまな臓器に作用しています。
今回、B.Aリサーチセンターは、「好奇心」に関わる神経伝達物質と肌との関係を見出しました。

好奇心を感じたときに脳から分泌される脳メッセージ物質が肌弾力を高めていることを発見

B . Aリサーチセンターは、脳メッセージ物質「ノルアドレナリン」「オキシトシン」が、真皮・皮下の線維芽細胞に作用し、「肌弾力因子:テネイシンX」を産生していることを新たに発見しました。
そしてさらに、ノルアドレナリンとオキシトシンをキャッチする受容体を増やした細胞ではより多くのメッセージ物質が活用できるようになり、肌弾力因子:テネイシンXの産生が促進されることを確認しました。

弾力感のある肌に触れることで、さらに好奇心が高まる

B.Aリサーチセンターは、弾力のある肌に手で触れると、「好奇心」が高まること、さらに「好奇心」が関わる脳部位の活動も高まる可能性を発見しました。

B.Aリサーチセンターは、この好奇心を軸とした脳と肌との関係性に着目した理論を「ブレインクロストークサイクル」と名づけました。この脳科学のアプローチにより、肌構造に適度な空間を生み出し、内部から押し返すような弾力肌を目指します。

B.A リップ バーセラム は、朝・晩のスキンケアの最後、及び乾燥が気になる時にご使用ください。

B.A グランラグゼII は、エッセンスとミルクの機能をあわせもつ美容液です。ローションの後B.A グランラグゼIIのご使用で基本のお手入れは完了です。肌の状態に合わせてご使用量を調整してください。

使用方法


(1)指で本体底部にある指がかりを押すようにして黒いカバーを外します。


(2)先端のダイヤルをカチッと手ごたえがあるまでゆっくり回します。


(3)中央から湧き上がる美容液をすくいとり、肌へ。

(1)肌への浸透感を高めるように手のひらで包み込みます。

(2)フェイスラインから頬の上部へ。やわらかい部分を、4本の指の腹で、やさしく押していきます。

Customer Voice / お客さまの声