POLA

新「B.A」誕生

新「B.A」誕生 スキンケアライン5品ついに登場 ベストコスメ233冠受賞のB.Aが進化してリニューアル 生命感あふれるようなハリ肌へ

LINE UP

新「B.A」 スキンケア ラインナップ

COMMENT

美容ジャーナリスト 齋藤 薫さんの画像
美容ジャーナリスト
齋藤 薫
あなたの中では未使用の美しさがまだ大量に眠っている。だから今こそ、想定外の美しさへ突き進んで!
人はどこまで美しくなれるのか?いくつまでキレイを増やせるのか?
その基準が根本から変わる。98%が眠っていた未使用の美しさを目覚めさせる、次元の違うスキンケアが始まるから。
生まれ持った設計図を書き換え、キレイと若さをどんどん更新していけるから。それはもう肌のみならず、顔立ち印象まで人生をやり直す感覚。自分にとって想定外の美しさに突き進んでいく。
長年の遺伝子研究によるこの成果は、紛れもなく人の生涯に深く関わって、未来を刻々と明るいものにしてくれるのだ。
可能性が可能性を呼ぶ、素晴らしい肌人生が始まる!

NEW B.A user's VOICE

新「B.A」を先行体験いただいたモニターの皆さまの声

  • 肌のお手入れがとても楽しく感じるようになって、ずっと使いたいと思った。肌を触りたくなる感じ。(30代)
  • これまで化粧品を使ってもあまり実感が得られなかったが、新しいB.Aは日々のお手入れが楽しい。長く使っていきたいと思う、自分の気持ちの変化に驚いています。(40代
  • 今まで使用していたファンデーションの色が濃く感じる様になり、少し明るいファンデーションに変えた。(50代)
  • スキンケアの香りが良く楽しくケアできる。続けていたら、メークの仕上がりが良くなったのか、褒められて嬉しかった。(30代)
※ 個人差があります

PRODUCT

NEW B.A ローション

肌のすみずみまでうるおいを抱え込み
みずみずしく膨らむようなハリ肌へ
B.A コメントのアイコン
こんなみずみずしい感触のローションはじめて!これ一本で日々のスキンケアに自信が持てました。
B.A コメントのアイコン
素肌に自信が持てるようになり、近場ならノーメイクで出かけることも増えました。

新「B.A」ローション 3つのポイント

  • no. 1 角層にみずみずしく吸い込まれるとろみ感覚
  • no. 2 生命観あふれるハリ肌を目指すエピ・ハリネットワーク理論
  • no. 3 華やかでやすらぐ香りでお手入れを自分をいつくしむ時間に
no. 1 角層にみずみずしく吸い込まれるとろみ感覚
角層にみずみずしく吸い込まれるとろみ感覚のイメージ

とろみのある滴が、吸い込まれるように肌になじみ、肌のすみずみまでうるおいを抱え込みます。うるおいで肌が膨らみだすようなハリ感とツヤ感をぜひ実感ください。

※ 肌:角層
no. 2 生命観あふれるハリ肌を目指すエピ・ハリネットワーク理論

エピ・ハリネットワーク理論

着目したのはエピゲノムというサイエンス。今回新たに提唱するエピ・ハリネットワーク理論では、生き方や環境によって後天的に自らつくり出すポジティブな力こそが、真の美しさを拡張させると捉えました。この理論で目指す「生命感あふれるようなハリ肌」のために、ポーラオリジナル複合保湿成分「仙人穀ロスマ」を配合しました。

仙人穀とセージの画像

「仙人穀ロスマ」は、紀元前4,000年頃から栽培されているスーパーフードのセンニンコク(仙人穀)の種子エキスと、セージ葉のエキスの複合成分です。

※エピ・ハリネットワーク理論:肌表面状にハリ感を与える化粧膜(ネットワーク)を形成すること。
※仙人穀ロスマ:センニンコク種子エキスとセージ葉エキスの複合成分。
no. 3 華やかでやすらぐ香りでお手入れを自分をいつくしむ時間に
アイテムごとに移ろい、重なっていく香りの画像

アイテムごとに移ろい、重なっていく香り

NEW B.A クレンジング

独自の乳化技術でくすみをケア
うるおいを守り、なめらかな洗いあがりへ
B.A コメントのアイコン
ツッパリ感がなく、ベタつきも感じないので毎日心地よく使えます。

NEW B.A ウォッシュ

肌に吸いつくような高弾力な泡で
しっとり透き通るような洗いあがりへ
B.A コメントのアイコン
モコモコとした泡立ちで洗いあがりもさっぱりして気持ちいい!

NEW B.A ミルク

コクのあるオイルが肌に溶け込み
ふっくらやわらかなハリ肌へ
B.A コメントのアイコン
コクがあるのに浸透感が良く、お手入れするのが楽しくなりました。

NEW B.A クリーム

立体感のある艶とうるおいで
いきいきと弾けるようなハリ肌へ
B.A コメントのアイコン
1回使っただけなのに、ずっと使い続けたい!と思うほどの実感です。
モデルの画像
目指したのは
生命感あふれるようなハリ肌
2020年、生まれ変わったB.Aは
生命感あふれるようなハリ肌を目指します
肌全体にハリネットワークが形成され今まで以上にいきいきとした肌へ
さあ、POLA 生命科学の最先端を肌すみずみまで感じてください

SCIENCE

SCIENCEの画像
B.Aリサーチセンターは“人の可能性は広がる”
というブランドポリシーのもと、「遺伝子」領域の研究に着目。
ポーラの最新研究はこちら

B.Aリサーチセンターの研究領域は、「肌」だけではなく、人から社会へ。

ポーラ B.A リサーチセンターは、人の可能性は広がるというポリシーのもと、「肌から人へ」、「人から社会へ」と研究視点を拡張しています。今回、「社会の中で生きる人」に焦点を当て研究領域を拡大したところ、人は、「人と人とのつながり」や「モノ・コトとのつながり」によって大きく影響を受けていることを改めて認識。社会という集団における、「ネットワークの重要性」を研究するにいたりました。

生命美を目覚めさせる鍵の画像03

今回、肌も無数の細胞の集団、つまり社会であると捉え、細胞同士のネットワークの新たな可能性を見つけるべく遺伝子研究を進め、遺伝子ひとつひとつに備わっているスイッチのON/OFFが後天的に切り替わる仕組み「エピゲノム」に辿り着きました。

エピゲノムとは

「エピゲノム」とは遺伝子の発現状態が後天的に変わる仕組みのこと。持って生まれた遺伝子の働き方は、一生不変というわけではありません。ライフスタイルや生活環境の変化・心理的変化などにより、生きていく過程で、遺伝子スイッチのON/OFFが切り替わり、変化していきます。

生命美を目覚めさせる鍵の画像01

一卵性双生児のように全く同じ遺伝子を持って生まれたとしても、その働きを左右する遺伝子スイッチがライフスタイルや生活環境の変化・心理的変化によって切り替わることで、まるで運命が変わるように、私たちの姿形や性質を変えていきます。

がらくただと考えられていた98%のDNA領域の中から、生命美を目覚めさせる鍵『LINC00942』※1を発見。

生命美を目覚めさせる鍵の画像02

これまで、人がもつDNAのうち、コラーゲンやバーシカンなどのたんぱく質の設計図となるのはわずか2%で、それ以外の98%の領域は不要な「ジャンク(がらくた)DNA」と呼ばれていました。今回B.Aリサーチセンターは、この「ジャンク(がらくた)DNA」のなかから生み出される「LINC00942」がエピゲノムを調節し、線維芽細胞を中心とした肌に関わる遺伝子のスイッチを、後天的に一斉にONにするカギであることを発見しました※2。

※1 LINC00942:DNAから転写されてつくられるノンコーディングRNAの一つ
※2 2016年、第29回国際化粧品技術者会連盟にて発表。ポスタートップ10に選出
閉じる

FRAGRANCE

香りが折り重なるように展開する、新感覚のスキンケア体験
アイテムごとに移ろい、重なっていく香り
「シプレフローラルアレンジメント」
5品それぞれに異なる香りの要素をプラスし
ステップ毎に感じていただきたい気持ちを表現
FRAGRANCEのイメージ画像

METHOD

普段のスキンケアを「自分をいつくしむ」時間へ
B.A ローション スキンケアステップ

Point

手のひら全体で頬を包み込み、
肌が膨らみ出すようなハリ感を感じながら
それを記憶するように3秒キープ
手のぬくもりが肌に伝わり浸透感アップ
生命感あふれるようなハリ肌を目指す新「B.A」をご体感ください
いつでも、肌は変われる。ぜひあなたの肌で新「B.A」をご体感ください
  • ベストコスメ:様々な女性誌で与えている賞
  • 肌:角層まで
  • 立体感:うるおいによるハリ感で、立体的に見せる
  • エピ・ハリネットワーク理論:肌表面上にハリ感を与える化粧膜(ネットワーク)を形成すること
  • くすみ:乾燥やキメの乱れ等による
閉じる 閉じる