私たちの想い

笑顔で一日を過ごすために
ファンデーションをポジティブ・スイッチに。

B.Aリサーチセンター中谷明弘 研究員

数多くの製品開発と基盤研究に携わる経験を経て、B.A初のクッションファンデーションの開発担当として抜擢。毎日自らベースメークをして熱く取り組んだ開発秘話と、製品への想いを語ります。

った瞬間「つるんとなめらか」。
誰もが毎日使いたくなるファンデーションを目指して。

私が一番大切にしているのは、身近な人が笑顔になる商品を作ることです。もちろん、メーカーで物作りをしている以上、ヒット商品を開発することは目指していますが、その延長線上に、世界中の人が笑顔になる=世の中の役に立つ仕事があると思っています。
そしていつか、自分が開発した商品で、新しい文化や習慣を生み出すのが私の夢です。そういう意味では、今回ポーラ初となったクッションファンデーションを事前にお使いいただいたモニターの方から、「ノーメーク派だったけれど、今は毎日ファンデーションを使っています」と言っていただいた時には、その人にとっての新しい習慣が生まれた瞬間に立ち会ったようで感動しました。

発だからこそ「市場にないもの」を作りたい。

「ファンデーションのスタンダードになったクッションファンデーションを、満を持してポーラから発売する」「しかもポーラ最高峰ブランドのB.Aから」。そんな全社的な期待がかかるこのファンデーションの開発担当に決まった時、プレッシャーもありましたが、「絶対にB.Aならではの魅力がつまったものを作ろう」という強い気持ちが芽生えました。

100個以上の他社品を買い集め、分析をして感じたのは、これまでのクッションファンデーション市場が、スキンケア効果重視かメーク効果重視かに分かれていたこと。つまりそれは、両立が難しいから...。
「だったらそれを乗り越えてやろう。2つの効果をひとつに集約したものを作ろう!」と決意して、開発をスタートしました。

転の発想で乗り越えた壁。
成功した瞬間は思わず声が!

ところが実際は想像以上の苦労の連続でした。まず大変だったのは、スキンケア効果を目指すために、水系の保湿成分をできるだけ多く配合すること。実は油がベースのファンデーションでは、水系成分を混ぜれば混ぜるほど、構造的に固くなってしまうんです。クッションにファンデーションを染み込ませるために、固くなってしまってはそもそも商品として成り立ちません。その壁を乗り越えるために、最終的に水系成分をゲルで包むことで、流動性がありながらもみずみずしいテクスチャーの実現に成功しました。

実はこれ、スキンケアのクリームで使われる技法をヒントにしたものなんです。ポーラは化粧品メーカーでは珍しく、同じ部署でメークもスキンケアも開発しています。壁のない環境だからこそ、メークだけを開発していては気づかないようなシナジーが生まれたと思います。


【水系成分の配合イメージ】 スキンケアクリームで使われる技法がヒントに。水系成分をゲルで包むことで、流動性がありながらもみずみずしいテクスチャーを実現。

※イラストはイメージ



そしてもうひとつの難題が、配合する粉体をできるだけ少なくして、粉っぽさのない、つるんとなめらかな仕上がりを出すことでした。ところがこれが本当にうまくいかない!もともと水系成分と粉体は相性が悪く、粉体が少ないと肌に不均一について逆に粉っぽい仕上がりになってしまいます。さまざまな調整を行い、このステップだけで一般的なファンデーションを作る時の倍以上の試作をしましたが全滅...。

半ば諦めかけた時、逆転の発想で粉体の配合を増やしてみたところ大成功! 一定量の粉体があることで逆に均一につくことと、叩きのばして使うクッションファンデーションの特性があいまって、粉っぽさのないつるんとなめらかな仕上がりが実現しました。普段は黙々と実験をしている私も、この時ばかりはガッツポーズで「やったー!」と叫んだのを覚えています。


粉体が均一に密着することで光が正反射し、つるんとなめらかな仕上がりに。


※イラストはイメージ

ァンデーションから、その一日をポジティブに。

この商品は、実は男性にも使っていただきたいと思っているんです。私自身、開発中は毎日試作品でベースメークをしていたのですが、女性より目立ちがちな男性の毛穴※1や肌の色ムラも自然にカバーできるし、何より簡単でテクニックいらず。つけ心地も軽い上にくずれにくいので、この商品がきっかけで男性のメーク文化が定着していったら嬉しいですね。

夜のスキンケアが一日頑張った自分へのご褒美やリラックスタイムだとしたら、朝のファンデーションを塗るという行為は、「今日も頑張ろう」とポジティブに一日を始めるためのスイッチのようなもの。笑顔で一日を過ごすために、女性はもちろん男性にも、どんどんファンデーションを活用していただきたいと思っています。

2022年8月1日発売 B.A セラムクッションファンデーションSPF20・PA++
リフィル(パフ付)全5色 各12g ¥12,100(税込)
ケース別売 ¥2,750(税込)

※肌:角層
※1 毛穴:角層の毛穴

BACK NUMBER

  • ニューノーマル時代に求められる新しい透明感を、こだわりの感触から。
  • 美容の力で、肌も心ももっと美しく。
  • 心地よいみずみずしさを追求した感触へのこだわり
  • 大人の毛穴ケアに新発想。100回を超える試作でたどりついた処方設計。
  • 春夏のマスク生活でもメークを楽しめるように。こだわり続けて実現した新技術。
  • ポーラの最新美白をお客さまの肌に届けたい
  • リンクルショットを片側に塗り続けて13年。研究者魂がここに。
  • お客さまから頂くお声を価値に変え、愛され続けるブランドへ
  • 自分の変化に合わせて感じ方も変化する。デザインで、そんな刺激を感じてほしい。
  • スキンケアの使い心地は気分まで高まるように。感触に込めた、研究者としてのこだわり。
  • 真の美しさは肌だけでなく、からだやこころの健やかさから。不調な時こそ、こだわり抜いたインナーケアを。
  • メークは、なりたい自分を叶えるツール。今の生活に合わせて、一緒にアップデートしていきましょう。
  • 「ながすケア」は進化しています。見直すことで、きっとスキンケアも進化します。
  • 「だから良い」と腑に落ちる。それがショットブランドの使命です。
  • メラニンだけではない。独自視点の積み重ねが、ポーラ美白研究の強みです。
  • 常に進化を続けるポーラの日中ケア。この春は「欲しいケア」で選べる2品に。
  • 既存の研究領域にとどまらない開発リーダー
  • 開発研究員が語る、B.Aならではの感触の秘密とその舞台裏
  • 「シワを改善する」という想いのもといつも最新のシワケアを届けていきたい
  • サイエンス・職人技・感性の融合で、かつてない感触を追求したB.A クリーム
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」B.Aのアートワーク
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」、B.Aのアートワーク。
  • 常に「ポーラ最高峰」を称するのがB.Aの使命。過去のブランドや、ユーザーの期待をはるかに超える新しい世界観を創造したい。
  • 美容はコミュニケーションのツール その人らしい「美しさ」の提案で、お客さまの人生を豊かにしたい
  • 「夏こそシワケア」と私たちが考えるワケをお伝えします
  • 自信や笑顔に繋がる美容の可能性を多くの人に知ってもらいたい
  • 毎日お客さまと向き合うからこそわかることをたくさんの人に伝えたい
  • 「また新しいホワイトショットに出会えた」と思えるような開発を目指しています。
  • 常識を疑うことで出会えた、赤色光という「可能性の光」
  • 今も未来も、うるおいのある肌を目指すために
  • 人を明るくする製品を、地球の裏側まで届けたい