私たちの想い

美容の力で、
肌も心ももっと美しく。

ブランドクリエイティブ部
ビューティークリエイター
山川 弓香

ポーラ独自の美白有効成分ルシノールやアペックス等の開発を経て、ポーラの美容理論の構築に長年携わる。
専門は気象環境と肌の関係性研究。

スクが要らなくなる日のために、
今からできるケアを。

「マスク生活が終わったら何をしたいですか?」という質問に対して、「リップやグロスを楽しみたい」という回答が一番多い、というポーラ文化研究所のレポートがあります。
化粧行動で一番変わったのは私自身もマスクで隠れるリップだと思います。リップを塗る時は口角を上げてとか、きれいな形で引くという意識が働きますよね。でもリップを塗らないということは、無意識に口角が下がったり、口の周りの筋肉がゆるんだ状態になっているのではないかと思うんです。

マスク生活が終わってからとは言わず、日頃からリップを塗ってみるというのも美容としては実は大事な観点です。あえて鮮やかな色を塗ってみる、口角を意識してみるということも、大事な日々のケアだと言えます。何より気持ちが引き締まりますよね。単なる肌のケアだけでなく、気持ちを高めるという意味でも美容って本当に重要です。マスクが要らなくなる日のために今からできることをしておきたいですよね。


ューティークリエイターが提案するこの季節のケア

マスクの中は湿度が保たれていて、肌の水分が奪われにくい環境にありますよね。そのせいで、肌全体の状態が良いと勘違いしてしまう方も多いようです。頬に合わせたケアをしていると、目もとのケアが不足しがちになり、その結果、乾燥や小ジワなどにつながることも。これがマスク生活の美容の罠なのでは、と考えています。

そして、生活の中ではスマホやパソコンの使用率が高まっています。その高まりは中高年の方ほどその時間が長くなっているというデータも。目もとの疲れがたまってくると、しおれ感が出てきたり、シワになることも。
マスクから出ている部位は化粧水を多めにつけたり、日ヤケ止めもくずれないように、優しくたたいて押し込むような塗り方もおすすめですね。


マスクをしていると水を飲むのが億劫になりがちに。飲んだ水分が身体に吸収され、肌まで届いて肌のうるおいになることは意外と盲点。
肌のためには、こまめな水分補給も大切です。


Seasonal Recommend

マスクを取った時の笑顔に自信を。
144万人※1が体感。たくさんの方に愛されて、売上シェアNo.1※2

リンクルショット メディカル セラム N【医薬部外品】〈美容液〉
20g ¥14,850(税込)
(販売名:ポーラ リンクルショット メディカル セラム N)

容の力で肌も心ももっと美しく。

私はポーラ化成工業に研究員として入社し、現在は美容理論を管轄する責任者として肌・こころ・からだを含めたトータルビューティーに関する知識を活かして美容コンテンツの開発をするかたわら、美肌ウェルネスプロデュースプロジェクトにも携わっています。このプロジェクト活動が目指していることは、一人の人も、地方も、両方とも美しくということです。

コロナ禍をきっかけに私たちの生活は一変し、心身に新しいストレスや不調を抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。また、経済的な打撃もあり、地方の資源を維持する体力が奪われています。
そこで、地方の観光資源とポーラの知見を活かした美容を結びつけて発展させていくことを目指して新たな取り組みを始めました。具体的にはポーラが実施している「美肌県グランプリ」で5回もグランプリを獲得した島根県とタッグを組んで、島根県ならではの美肌ケア・食・温泉・睡眠・感受性を刺激するようなコンテンツを提供するツーリズムに取り組んでいます。

日本は地形が複雑だからこそ、色々な生活文化が地域ごとに発展しています。それと美と健康がつながっているのかと思うと、ポーラならではの知見と美容の力でもっと地方の魅力を引き出せるのではないかとワクワクしますね。

もちろんこのプロジェクトだけに限ったことではありませんが、美容を通して一人ひとりの肌と心の健やかな美しさに寄り添えることは何よりうれしいと感じています。これからも美容コンテンツを提供することに真摯に向き合い、自分にできることを一つずつ実現していきたいです。



※1 2017年1月1日~2021年12月31日の販売実績(ポーラ調べ)
※2 売上シェアNo.1:インテージSLI シワ改善市場(美容液・栄養クリームカテゴリー内シワ改善市場)使用者:本人・共有絞り 2021年1月~2021年12月 ブランド別金額シェア

BACK NUMBER

  • 心地よいみずみずしさを追求した感触へのこだわり
  • 大人の毛穴ケアに新発想。100回を超える試作でたどりついた処方設計。
  • 春夏のマスク生活でもメークを楽しめるように。こだわり続けて実現した新技術。
  • ポーラの最新美白をお客さまの肌に届けたい
  • リンクルショットを片側に塗り続けて13年。研究者魂がここに。
  • お客さまから頂くお声を価値に変え、愛され続けるブランドへ
  • 自分の変化に合わせて感じ方も変化する。デザインで、そんな刺激を感じてほしい。
  • スキンケアの使い心地は気分まで高まるように。感触に込めた、研究者としてのこだわり。
  • 真の美しさは肌だけでなく、からだやこころの健やかさから。不調な時こそ、こだわり抜いたインナーケアを。
  • メークは、なりたい自分を叶えるツール。今の生活に合わせて、一緒にアップデートしていきましょう。
  • 「ながすケア」は進化しています。見直すことで、きっとスキンケアも進化します。
  • 「だから良い」と腑に落ちる。それがショットブランドの使命です。
  • メラニンだけではない。独自視点の積み重ねが、ポーラ美白研究の強みです。
  • 常に進化を続けるポーラの日中ケア。この春は「欲しいケア」で選べる2品に。
  • 既存の研究領域にとどまらない開発リーダー
  • 開発研究員が語る、B.Aならではの感触の秘密とその舞台裏
  • 「シワを改善する」という想いのもといつも最新のシワケアを届けていきたい
  • サイエンス・職人技・感性の融合で、かつてない感触を追求したB.A クリーム
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」B.Aのアートワーク
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」、B.Aのアートワーク。
  • 常に「ポーラ最高峰」を称するのがB.Aの使命。過去のブランドや、ユーザーの期待をはるかに超える新しい世界観を創造したい。
  • 美容はコミュニケーションのツール その人らしい「美しさ」の提案で、お客さまの人生を豊かにしたい
  • 「夏こそシワケア」と私たちが考えるワケをお伝えします
  • 自信や笑顔に繋がる美容の可能性を多くの人に知ってもらいたい
  • 毎日お客さまと向き合うからこそわかることをたくさんの人に伝えたい
  • 「また新しいホワイトショットに出会えた」と思えるような開発を目指しています。
  • 常識を疑うことで出会えた、赤色光という「可能性の光」
  • 今も未来も、うるおいのある肌を目指すために
  • 人を明るくする製品を、地球の裏側まで届けたい