私たちの想い

「ながすケア」は進化しています。
見直すことで、きっとスキンケアも進化します。

製品設計開発部
エビデンスセンター
三谷 信 研究員

B.A ディープクリアライザーの開発担当。
「肌が変わって嬉しい」「使って楽しい」という
気持ちに寄り添う開発を心がけている。

湿アイテム選びにこだわる方こそ、
ながすケアにもこだわって

「洗いながす物だから、クレンジングやウォッシュは何でもいい」という声を時々耳にしますが、研究員としては「なんてもったいない!」という気持ちです(笑)。ポーラでは、ながすケアはスキンケアの重要ステップ。単に汚れを落とすだけでなく、うるおいを守り、後から使う化粧品がなじみやすい肌に整える、という大きな役割を担っています。

B.Aのクレンジングクリームとウォッシュは、機能面はもちろん、泡質、香り、後肌感など、すべてにおいてポーラの最高峰を求められる存在です。そのこだわりの甲斐あってか、この2品はB.Aの中でも人気が高く、これらをきっかけにB.Aを使い始められる方も多いんですよ。

B.A クレンジングクリーム
しっかりメークも軽やかにオフする
クレンジング力を持ちながら、
独自の乳化技術でくすみ※1もケア。


130g ¥11,000(税込)

B.A ウォッシュ
角層のうるおいを守りながら
しっとりやわらかに洗い上げます。
みずみずしくすっきりとした香りで、
洗顔を穏やかなリセットタイムに。

100g ¥11,000(税込)

ーラ最新のながすケアは、
糖化※2とくすみ※1をケア

そしてそのB.Aから、今回登場したのが「B.A ディープクリアライザー」です。B.Aは業界で初めて「肌※3の糖化」に、そして昨年9月にリニューアルした第6世代からは「エピゲノム」に着目した理論を提唱。このアイテムは、毛穴※3やキメに絡んで密着しながら、糖化した角層まで洗い流すディープ洗顔マスクです。

B.A ディープクリアライザー 〈洗顔料・マスク〉
なめらかなジェルクリームが、ほんのりと温かさを与えながら微細な泡に変化。
なじませて洗い流すだけのディープ洗顔マスク。

120g ¥13,200(税込)

「洗いながらうるおいを守る」
B.Aだから実現できた、贅沢なこだわり

そもそも「洗いながらうるおいを守る」という相反する要素を両立させるだけでも難しいのですが、そこは当然として、今までと違うアプローチも実現したく、「ながす」というテーマと改めて向き合う日々でした。
ディープクリアライザーでこだわったのは、デイリーな洗顔よりも肌に密着して糖化※2やくすみ※1をケアすることと、洗いあがりにB.Aならではの充実感を感じられること。大きな挑戦でしたが、最終的にはB.Aの新しいアイテムとして納得の行くものが出来上がりました。

私は、化粧品には正解やゴールがないと思っています。今までのセオリーだけでなく、どんどん変わっていく時代や人に寄り添い続け、「今日はなんだか気分がいいな」と思っていただける化粧品を、これからも作り続けたいです。




※1 くすみ:汚れや古い角層による
※2 糖化:角層の糖化
※3 肌、毛穴:角層

BACK NUMBER

  • 「だから良い」と腑に落ちる。それがショットブランドの使命です。
  • メラニンだけではない。独自視点の積み重ねが、ポーラ美白研究の強みです。
  • 常に進化を続けるポーラの日中ケア。この春は「欲しいケア」で選べる2品に。
  • 既存の研究領域にとどまらない開発リーダー
  • 開発研究員が語る、B.Aならではの感触の秘密とその舞台裏
  • 「シワを改善する」という想いのもといつも最新のシワケアを届けていきたい
  • サイエンス・職人技・感性の融合で、かつてない感触を追求したB.A クリーム
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」B.Aのアートワーク
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」、B.Aのアートワーク。
  • 常に「ポーラ最高峰」を称するのがB.Aの使命。過去のブランドや、ユーザーの期待をはるかに超える新しい世界観を創造したい。
  • 美容はコミュニケーションのツール その人らしい「美しさ」の提案で、お客さまの人生を豊かにしたい
  • 「夏こそシワケア」と私たちが考えるワケをお伝えします
  • 自信や笑顔に繋がる美容の可能性を多くの人に知ってもらいたい
  • 毎日お客さまと向き合うからこそわかることをたくさんの人に伝えたい
  • 「また新しいホワイトショットに出会えた」と思えるような開発を目指しています。
  • 常識を疑うことで出会えた、赤色光という「可能性の光」
  • 今も未来も、うるおいのある肌を目指すために
  • 人を明るくする製品を、地球の裏側まで届けたい