私たちの想い

開発研究員が語る、
B.Aならではの感触の秘密とその舞台裏

製品設計開発部
松尾 一貴

第6世代B.A全5品の処方開発統括リーダー。信条の「練習、継続は不可能を可能にする」を、今回のB.A開発でまさに体現した。

「使ってすぐにわかる」ような化粧品をつくる

B.Aの開発で最初に目指したのは、「使ってすぐにわかる」ということでした。そのために必要なのは肌最表面の角層の変化。そこで着目したのが角層のイオンバランスです。実は角層へのうるおいの浸透、抱え込む力、ターンオーバーなどには、イオンバランスが関係しています。私たちは「イオンバランスを制するものは角層を制す」と考え、アルカリ性に傾きがちな肌を適正な弱酸性に戻すために必要でありながら、安定配合が難しいとされていた「酸」を包み込む独自のカプセルを開発。これがエピ・ボリューム処方につながりました。

果だけでなく感性品質も求められるのがB.A

このカプセルの開発だけでも約3年かかりましたが、効果だけでなく「感性品質」の開発も求められるのがB.A。それを両立させる黄金比率は、1:2ではなく1.1:2.3のような小さな点の組み合わせを探るような作業なんです。実際にローションは約300、ミルクは100以上の試作を繰り返しました。こうして生まれたのが、豊潤でぷるっとした肌を感じさせるようなローションと、表面はさらりとベルベットのような感触なのに、むっちりと充実感を感じさせるミルクです。これはもう、B.Aならではの感触だと自負しています!
ぜひじっくりと堪能していただけたらと思います。




※浸透:角層まで

BACK NUMBER

  • 開発研究員が語る、B.Aならではの感触の秘密とその舞台裏
  • 「シワを改善する」という想いのもといつも最新のシワケアを届けていきたい
  • サイエンス・職人技・感性の融合で、かつてない感触を追求したB.A クリーム
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」B.Aのアートワーク
  • 美しさについて「見て」「感じて」「考える」、B.Aのアートワーク。
  • 常に「ポーラ最高峰」を称するのがB.Aの使命。過去のブランドや、ユーザーの期待をはるかに超える新しい世界観を創造したい。
  • 美容はコミュニケーションのツール その人らしい「美しさ」の提案で、お客さまの人生を豊かにしたい
  • 「夏こそシワケア」と私たちが考えるワケをお伝えします
  • 自信や笑顔に繋がる美容の可能性を多くの人に知ってもらいたい
  • 毎日お客さまと向き合うからこそわかることをたくさんの人に伝えたい
  • 「また新しいホワイトショットに出会えた」と思えるような開発を目指しています。
  • 常識を疑うことで出会えた、赤色光という「可能性の光」
  • 今も未来も、うるおいのある肌を目指すために
  • 人を明るくする製品を、地球の裏側まで届けたい