私たちの想い

毎日お客さまと向き合うからこそ
わかることをたくさんの人に伝えたい

ポーラ ビューティーディレクター 
福嶋 久美子

を心から信頼して、

リラックスして過ごして
いただけるように

もともと横浜で美容師をしていたのですが、子供が5歳の時に、熊本に引っ越してきました。美容師の仕事は好きでしたが、すごく忙しくて子供の行事に行けないことも多かった。まだ小さかったですし、もう少し子供と向き合いながらゆっくり働きたいかなと思っていたところに、ポーラの仕事に出会いました。お店には、小さいお子さんがいる方もいて、自分で時間を決めて働くことができましたし、託児所があったことも魅力でしたね。

熊本にきて、もう10年になりますので、娘ももう中学1年生になりました。最近は私より美意識が高い。すぐにネットで調べて、美容の知識も豊富です。部活動で汗もかくし、年齢的にニキビもでやすいのですごく気にしています。ポーラの化粧品を使って、感想を言ってくれたりするので、面白いですよ。

仕事をしていて嬉しいのは、やはり私がご紹介した商品やエステで、キレイになったり、気持ちも明るくなった、というお話を聞いたときですね。

お客さまが、ご友人をご紹介してくださったときに、「この人は自分にとって大切な人だからよろしくお願いします」と言って、私に託してくださって。すごく大切な友達や、お嬢さまの成人式があるからキレイにしたいとか・・・お客さまだけではなく、その方にとって、大切な人を紹介してもらった時はすごく嬉しいですし、責任も感じます。私を信頼しているからこそ、任せてくださったと思うので。

前職の美容師も、ポーラのビューティーディレクターも、誰かを美しくするということでは同じですが、ヘアより、肌のケアの方が、お客さまとの関係が親密な気がします。肌に触れられるって、女性にとっては結構大変なことですよね。またスキンケアは継続することが大切なので、お客さまとの時間は自然に長く深くなっていきます。私を心から信頼して、その時間をリラックスして過ごしていただけるように、日々心がけています。

Q.カウンセリングやアドバイスで気を付けていることは?
「どんな肌を目指したいか」によって、使用アイテムは変わります。肌全体の透明感を高めたいのか、気になるシミをケアしたいのか、カウンセリングでは、必ず聞くようにしています。
Q.透明感のある肌をキープするために、美白ケアに大切なことは?
スキンケアの方針を決めたら、最低3か月はお手入れを続けることが大切。 美白ケアはすぐに結果は出ないので、ケアがおざなりになってしまう人も多いのですが、お肌の細胞は、毎日生まれ変わっているので、育てていくつもりで、日々のお手入れを丁寧に続けることが大切です。目に見えての効果や実感がすぐに出なくてもあきらめずに、こうしている間も肌は生まれ変わってくれてる、毎日のスキンケアでキレイになるはずって想像して、ワクワクしながら続けてほしいですね。続けられたら結果も出ると思いますよ。自分自身の肌の変化に気づけるよう、スマホで写真を撮っておくこともおすすめです。

BACK NUMBER

  • 「また新しいホワイトショットに出会えた」と思えるような開発を目指しています。
  • 常識を疑うことで出会えた、赤色光という「可能性の光」
  • 今も未来も、うるおいのある肌を目指すために
  • 人を明るくする製品を、地球の裏側まで届けたい