この度の台風19号による豪雨災害により被災された皆さまには、謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
台風19号の影響による荷物のお届けについて 詳しくはこちら

  1. TOP
  2. ALLU

ALLU(アリュー)

合言葉は、「女バランス、上々」
ホルモンと肌の関係に着目したエイジングスキンケア。
しなやかなハリと華やかな血色感へ。

女バランス、上々
新しい一日をはじめてみませんか。

大人の女性のためのスキンケアALLU(アリュー)。女性ホルモン&成長ホルモンと肌の関係に着目した、独自の美肌活用理論から誕生しました。肌も心も、そして体も大きな変化をとげる大人の女性へ。さらに伸びやかに、自らの力を発揮させて、成長し続けるために。しなやかなハリ感、華やかな血色感に満ちた肌を目指して。

女バランス、上々:前向きで自分らしい大人の女性の生き方のこと
美肌活用理論:うるおいと血色感に満ちた肌を目指す

ホルモン変化について言えば、50歳は「第2の人生」の始まり。

平均寿命約87歳の日本。女性ホルモンが急激に増加する12歳から数えると、50歳前後は女性としての人生の中間地点にあたります。 特に40代後半から50代は肌も変化しやすいタイミング。そこからスタートする人生も、さらに美しく伸びやかなものであってほしい。その想いが、アリューの研究開発の根底にありました。

ホルモンとは
臓器で合成される物質で、血液などにのって運ばれる。特定の細胞の特定の受容体で受け取り、効果を発揮する。

女性は、ホルモンの変化と生きる。
その一生にフィットする「エイジングケア」を。

ポーラ研究所 肌分析研究室 室長 多田明弘

20年以上、何千人という女性たちの肌を実際に見ながら、研究を続けてきました。女性の一生は、男性よりもダイナミックなホルモン変化を経験します。そこで大切なのは、女性は一時の肌悩みだけにとらわれるのではなく、ホルモン変化や年齢も考えて肌をケアする発想です。

同じ40歳でも、若く見える人と見えない人がいる。
どうして?

肌に影響を与える2大ホルモン。それが、女性ホルモンと成長ホルモンと言われます。その量は、40代以降の女性では減少傾向にあります。しかし、同年齢でも、若々しく見える人と老けて見える人などの個人差があります。どうしてだろう?その疑問が「ホルモンと肌細胞の関係」を研究する始まりでした。

美肌の鍵は、ホルモン量だけでなく、
ホルモンの「めぐり」と「活用力」にありました。

研究の結果、ひとつの発見がありました。ホルモン活用力の存在です。加齢とともにホルモン量が減少しても、しっかりホルモンが肌までめぐり、肌の細胞にホルモンをキャッチする受容体の数が多い人はたくさんのホルモンをキャッチできる。つまり、ホルモンを活用する力が高いのです。さらに、同タイプの人は、肌細胞の活動も活発。いつまでも若々しくハリのある美しい肌を保てると考えられます。

エイジングケア:年齢に応じた化粧品などによるお手入れ

該当する商品はございません