アフターサマーこそ、
内からケアを。

日差しは毎日ギラギラと暑く、気持ちもスポーツ試合の盛り上がりなどを観て熱く。そんなエネルギッシュな夏も、もうそろそろ終わりです。「あつさ」の落ち着きとともに少々疲れが出始める方も多い時期、からだの内側からのケアをプラスしましょう。
大切なのは、「頑張りすぎないケア」です。今回は、気楽に無理せず続けられるアフターサマーケアをご紹介します。

透明感あふれる毎日のサポートに
ホワイトショットの美容液と一緒に、ぜひ。

夏の影響を残さないために。
透明感を意識したケアから、
始めてみましょう。

夏は、紫外線による肌のダメージや冷房による冷えや疲れ、熱帯夜の睡眠不足による自律神経の乱れなど、肌やからだにハードな環境です。その蓄積が、少し涼しくなるこの時期に疲れや不調として現れ始めます。改善にはバランスの良い食事や質の高い睡眠が大切ですが、なかなか完璧は難しいもの。だからこそ、自分らしいペースで日々の暮らしを続けながら、前向きになるためのケアを始めてみましょう。
最初に注目したいのは、やはり透明感のケア。紫外線による日ヤケや炎症、酸化などの影響と、血行不良が透明感を妨げる要因です。ご自身の生活に手軽に取り入れられるケアを選んで、今日から始めてみませんか?

血行不良の解消には、気づいた時にいつでも簡単にできる「耳もみ」がおすすめです。耳たぶの外側を軽くつまみ、引っ張りながら耳全体をもみほぐすようにケアしてみましょう。血行が促進され、ポカポカ感が出てきたら完了のサイン。これだけで、手軽な透明感ケアに。

透明感サポートには、抗酸化作用の高いものを積極的に摂ることもおすすめです。パプリカやブロッコリー、ニンジンなどの緑黄色野菜をいつもより多く摂ることを意識してみましょう。
また、ポーラ研究所が注目しているのが、抗酸化作用の高い「ブランノール®」や「メロングリソディン」。日々の食生活から、透明感を意識してみましょう。

ポーラ注目の「ブランノール®」を配合。「メロングリソディン」を配合し、じっくりアプローチするタブレット、「コンセントレートアムラ」を配合し、速攻サポートのリキッドの2タイプからお選びいただけます。

過酷な夏を過ごした後は、
ハリ感・弾力感も
失われていませんか?

紫外線による炎症は、くすみを引き起こすだけでなく、肌のハリ感や弾力感を左右するヒアルロン酸、コラーゲンなどを破壊してしまいます。また、長く続くマスク生活で顔の動きがコントロールされ表情不足になることから、最近はフェイスラインのゆるみなどに悩む方も増えているようです。
少し涼しくなってきたこの時期に、毎日のハリ感・弾力感のためのケアも見直してみましょう。インナーケアとともに、マッサージなどを取り入れるのが効果的です。

ポーラ研究所が見つけた注目の素材、「クルミポリフェノール」「ケンポナシエキス」を配合。徹底アプローチのタブレットと、速攻アプローチのリキッドからお選びいただけます。

頬全体を下から上へ、4本の指腹でポンポン弾むようにタッピング。また口を「う」の形にして首を上下左右にストレッチすると、すっきり印象を目指せます。

東洋思想で健やかに、美しく。
健美三泉がさらに進化して新登場。

ブランド誕生からのロングセラー、「イキイキ」「サラサラ」「スッキリ」で生命力あふれる毎日をサポートする健美三泉が新しくなりました。
イキイキとした活力をサポートする「バイタルベース」、めぐりを整える「サーキュリンクベース」、スッキリした生活を応援する「シールドベース」のそれぞれに新成分を配合。さらに砂漠に生息する生命力の強い植物で歴史的に珍重されてきた「オシャグジタケ」のエキスを全製品に配合しています。

    

※年齢に応じた化粧品等によるお手入れ

BACK NUMBER

  • 最前線、「水ハリ艶肌」ベースメーク術。
  • クリーン&クリアな肌づくり。
  • 美肌に向かって、ショット!
  • その先の、透明感へ。
  • 油断しがちな日中ケアの見直しを。
  • 春、清らかに。始めよう、ブライトニングケア。
  • ビューティー ディレクター直伝。冬のエイジングケア。
  • ビューティー ディレクター直伝。おすすめのシワケア術。
  • 自分をいつくしむ時間を、クリームで。
  • 冬のはじまりにプラスαの乾燥ケアを
  • この秋、気持ちまで上向きになるような、生命感あふれるハリ肌を目指して