ビューティー ディレクター直伝。
冬のエイジングケア。

2月は、ハリ感のなさやたるみを気にされるお客さまがぐっと増える時期。そのエイジング悩みには、「肌の冷え」が影響しています。 ステイホームが続くことで、からだを動かすことも減っていて、血行が悪くなっていませんか?この時期は、肌もからだも、そして気持ちもアクティブに動かして、健やかさを保ちましょう。

“鎖骨の下や耳をこまめに
プッシュして、血行促進を”

POLA THE BEAUTY 銀座店 塩見 陽子
POLA THE BEAUTY
銀座店
塩見 陽子
その他のオススメ記事は
こちら

冷えは血行不良につながりますが、実はその冷えが肌のエイジングの大敵です。この時期は「肌を温める」ケアを取り入れてみてください。

気づいた時に耳たぶの外側を4箇所、軽くひっぱりながら4回転したり、鎖骨の下を4箇所、内から外にほぐすようにプッシュするだけで、顔がふわっと温かく、明るくなるので、オンライン会議前などにもおすすめです。

温かい肌は、うるおう肌です。

エイジングトラブルは、空気の乾燥も大きな要因ですが、肌の冷えの影響も見逃せません。肌が冷えると、角層細胞の隙間をジッパーのように閉じる役割を持つ「タイトジャンクション」が機能せず、水漏れのようにうるおいが流出してしまうのです。

また、ポーラの調査では、1・2月の平均気温が低かった年は、年間の美肌スコアが低下することも明らかになりました。つまり、肌冷えは、年間の肌状態にまで悪影響があるのです。2021年を美しい肌で過ごすためにも、この時期のあたためケアは重要です。

“肌を温めながら、積極的に
上質なうるおいを届けましょう”

もちろん、この時期のスキンケアの充実も大切です。よりうるおい感の高い上質なアイテムで充実したケアを心がけてください。
私のおすすめはポーラ最高峰エイジングケアB.Aシリーズです。特に内側から満ちるような感触を味わえるローションとミルクは、上質なエイジングケアを望む方に、ぜひお使いいただきたいですね。

POLA THE BEAUTY 竹ノ塚店 池田はるみ

肌につける時には、両手をこすりあわせて温めてから、が鉄則。手のひら全体で顔を包み込むようにして肌を温めながら丁寧にスキンケアを行いましょう。

BACK NUMBER

  • ビューティー ディレクター直伝。冬のエイジングケア。
  • ビューティー ディレクター直伝。おすすめのシワケア術。
  • 自分をいつくしむ時間を、クリームで。
  • 冬のはじまりにプラスαの乾燥ケアを
  • この秋、気持ちまで上向きになるような、生命感あふれるハリ肌を目指して
  • いつもと違う今年の秋肌事情は、早めのケアで。
  • ひと足先にスタートする、秋映えテクニック
  • 真夏こそ、シワケア
  • 梅雨時こそ、もっと爽やかにポイント別 印象アップ作戦
  • ビューティー ディレクターが教えるとっておきの美白術
  • パッと透明感あふれる春顔へ。始めよう、くすみケア