自分をいつくしむ時間を、クリームで。

自分をいつくしむ時間を、
クリームで。

新しい生活スタイルが浸透した今年。
いろんなことがそぎ落とされると同時に、
本当に大切なものが浮かび上がってきたように感じます。

例えば、自分自身。もっと自分を知りたい、いつくしみたい。
そんな気持ちを、クリームに託してみませんか?


共に生きる大切な肌だから
昼も夜もクリームですこやかに保つ
  • B.A ライト セレクター/B.A クリーム

Cream 1

(左)肌に良い光を選んで浸透する、1年中使える日中用クリーム

Point

B.A ライト セレクターを塗った後、
引き上げるようにのばしてから
メークをするのがおすすめです。
Point

Cream 2

(右)コクのあるクリームが体温でとろけだし
肌と一体化するようになじむ至福のテクスチャー

Point

お手入れの仕上げに、耳たぶの外側を4ヵ所、
軽くひっぱりながら4回転する
ぽかぽか耳もみマッサージを。
Point

「目が主役」が続くから、アイケアを新しい日常に
  • B.A アイゾーンクリーム

Cream 3

目もとを支える土台に着目
ハリと立体感のある自立した目もとに

Point

指腹全体を使い、目頭からこめかみに向かって、
目もとを引き上げるように
大きいストロークでのばします。
Point

※ 肌:角層
※ 浸透:角層まで
※ 立体感:うるおいによるハリ感で、立体的に見せる



BACK NUMBER

  • その先の、透明感へ。
  • 油断しがちな日中ケアの見直しを。
  • 春、清らかに。始めよう、ブライトニングケア。
  • ビューティー ディレクター直伝。冬のエイジングケア。
  • ビューティー ディレクター直伝。おすすめのシワケア術。
  • 自分をいつくしむ時間を、クリームで。
  • 冬のはじまりにプラスαの乾燥ケアを
  • この秋、気持ちまで上向きになるような、生命感あふれるハリ肌を目指して
  • いつもと違う今年の秋肌事情は、早めのケアで。
  • ひと足先にスタートする、秋映えテクニック
  • 真夏こそ、シワケア