このたびの豪雨災害により被災された皆さまには、謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。  > 配送遅延について

真夏こそ、シワケア

真夏こそ、シワケア

「シワケアは乾燥が気になる秋冬から」と思っている人は多いのでは?
でも実は、夏こそ取り入れてほしい時期。
シワの原因にもなる太陽光から肌を守るケアを並行して行うのが鉄則です。
「肌に過酷な魔夏」を、「きれいを目指す真夏」に変えましょう。

意外と知らない人も?
紫外線はシワやたるみの一因です。

太陽光に含まれる紫外線のUV-Aは、真皮に影響を与えてシワやたるみを進行させます。
また、近赤外線はUV-Aよりゆっくりと、肌の奥深くへ侵入。肌の土台とも言える真皮の深層部に影響を与えます。
だからこそ、真夏の太陽光から肌を守ることは、最重要課題なのです。
7月と8月はUV-AやUV-B、近赤外線共に非常に多く降り注いでいるため、特に注意が必要です。

意外と知らない人も?紫外線はシワやたるみの一因です。

紫外線が多い夏は、シワの一因となる「好中球エラスターゼ」が増加。

ポーラが発見したのは、好中球エラスターゼがシワの原因の一つであることと、
その好中球エラスターゼの働きを抑えることで、シワを改善すること。
この好中球や好中球エラスターゼ、実は紫外線量に比例して増加するため、夏はシワができやすい状態に。

紫外線が多い夏は、シワの一因となる「好中球エラスターゼ」が増加。

乾燥による小ジワ減の夏は
真皮性のシワに狙いを定めやすい!

夏の肌は秋冬よりうるおっているので、乾燥による小ジワが目立ちにくい状態に。
そんな時こそ、真皮性のシワをケアするチャンスです!
ケアのコツは変化をしっかり見つめること。
シワは最初は浅くなり、次に短くなり、その後は周辺の小さなシワが少なくなる傾向があります。
お手入れによる変化を感じたら、ケアのモチベーションもあがるはず。

乾燥による小ジワ減の夏は真皮性のシワに狙いを定めやすい!

肌冷えの少ない夏は、
化粧品成分の浸透もGOOD。

肌はあたたかいほど化粧品が浸透しやすいことがわかっています。
そしてグラフにあるように、夏の肌は肌冷えが少ない状態!
より浸透感をアップさせるなら、ローションなどでうるおい補給をていねいに。
エアコンによる肌冷えにも気をつけましょう。

肌冷えの少ない夏は、化粧品成分の浸透もGOOD。

RECOMMEND
ITEMS

  • リンクルショット メディカル セラム
  • CHECK
  • リンクルショット
    メディカル セラム

    [医薬部外品](美容液)20g ¥14,850(税込)
  • 日本初承認を受けたシワ改善薬用化粧品のパイオニア、リンクルショット メディカル セラム。

    ポーラ独自の医薬部外品有効成分ニールワン®が、シワを改善します。シワに対して直角に、シワを切るようにのばしましょう。メークの前にも使いやすい感触です。
  • CHECK
  • B.A ライト セレクター
  • CHECK
  • B.A ライト セレクター
    SPF50+・PA++++
    45g ¥12,100(税込)/日ヤケ止め・日中用クリーム
  • 守りのケアは、「肌に良い光」を透過させる日ヤケ止め・日中用クリームで。

    肌に良い光だけを取り入れる新発想の日ヤケ止め。シワの一因となる紫外線・近赤外線やPM2.5などの大気汚染物質をカットしながら、ハリ感に良い影響を与える赤色光を肌に届ける新設計です。
    ベストコスメ受賞。
  • CHECK
  • ホワイトショット LX
  • CHECK
  • ホワイトショット LX
    販売名:WSローションLX
    [医薬部外品]150mL ¥12,100(税込)
  • シワケアの前に、丁寧なうるおい補給で浸透感をアップ。まろやかな白濁の滴が溶け込むようになじみ、ベタつかずに肌をうるおいで満たす、夏に嬉しい感触。同時に美白ケアも。
  • CHECK

※肌:角層
※シワを改善する:日本香粧品学会で定めた新効能の取得のための抗シワ製品評価ガイドラインの評価基準において、有意性が得られました
※真皮性のシワ:真皮の構造の乱れによるシワのこと
※浸透:角層まで
※日本初承認:シワを改善する医薬部外品として2016年7月に初承認された製品
※ニールワン®:成分名 三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na
※べストコスメ:様々な女性誌で与えている賞
※美白:メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ