パッと透明感あふれる春顔へ。始めよう、くすみケア

パッと透明感
あふれる春顔へ。
始めよう、
くすみケア

新生活が始まる4月。フレッシュな気持ちと裏腹に、緊張感から自律神経が乱れたり、花粉やほこり、紫外線の影響を受けたりと、肌は不安定になりくすみがちです。透明感のあるいきいきとした肌で新しい季節のスタートを切るために、さあ! 春のくすみケアを始めましょう。

※くすみ:肌表面のキメのみだれによる

肌のカサつきやゴワつき、そしてゆらぎの要因にもなる大気汚染物質。ポーラの調査によると目頭、小鼻、顎などのくぼみやフェイスライン、髪の生え際につきやすいことがわかっています。まずは動画を参考にこの部分を丁寧に洗って原因をオフ。その後は保湿も忘れずに。

紫外線を浴び続けると、毛穴の周りのやわらかいコラーゲンが減少し、毛穴が開きっぱなしになってしまうことがポーラの研究でわかっています。だからこそ、紫外線は徹底防御を。日ヤケ止めを塗る時は、動画の塗り方テクニックでさらに守りを固めて。

※毛穴:角層の毛穴

あたたかい手で、肌をやさしく落ち着かせる。

あたたかい手で、
肌をやさしく落ち着かせる。

刺激が多く肌が不安定になりがちなこの時期は、毎日のスキンケアも刺激にならないよう「やさしく丁寧に」を心がけて。スキンケアの仕上げには、あたためた手で頬や額を包むようにハンドプレス。肌を落ち着かせつつ、スキンケア品の浸透をサポートしてあげましょう。

紫外線や近赤外線から肌を守り抜くケアを

紫外線や近赤外線から
肌を守り抜くケアを

紫外線量や近赤外線量が上昇し始める4月、日ヤケ止めは必須アイテムです。顔全体にムラなくのばすのはもちろん、薄着の春は、「首もと」「デコルテ」そして塗り忘れしやすい「耳の後ろ」なども忘れずに。
うっかりパーツ焼けを防ぎましょう。

うっかり日ヤケもレスキューケアで諦めない。

うっかり日ヤケも
レスキューケアで諦めない。

それでもうっかり太陽を浴びてしまったら、メラノサイトが活性化するまでの3日間のタイムラグを利用してレスキューケアを。まずは冷やしてほてりをしずめ、美白ケアアイテムでたっぷり保湿を。特に気になる部分はシートタイプの美白ケアマスクなどもおすすめです。

※美白 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

RECOMMEND
ITEMS

  • ホワイトショット QXS
  • CHECK
  • ホワイトショット QXS
  • 「ホワイトショット QX」がリニューアルして新登場。
    ポーラ最新美白シートマスクで10分間。透明感アップ。
  • CHECK
  • ホワイトショット LX
  • CHECK
  • ホワイトショット LX
    販売名:WSローションLX
  • 美白有効成分「PCE-DP」
    配合。白濁したまろやかな滴が
    すーっとなじみ、うるおいと
    透明感のある肌を目指します。
  • CHECK
  • ホワイトショット MX
  • CHECK
  • ホワイトショット MX
    販売名:WSミルクMX
  • 美白有効成分「PCE-DP」
    配合。
    溶け込むように肌になじむ
    ジェル状ミルクで、
    うるおい感のあるなめらか肌に。
  • CHECK
  • B.A ライト セレクター
  • CHECK

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ(LX、MXはメラニンの蓄積を押さえ、シミ・ソバカスを防ぐ)
※PCE-DP(ピース ディーピー):デクスパンテノールW