トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

当社の商品をご利用いただいているお客様からの、よく寄せられるご質問と回答を掲載しています。

キーワードから探す

ファンデーションに関するよくあるご質問

ファンデーションの色番号はどのようになっていますか?
日本人の肌色研究から、以下の表のような色体系でご案内しています。(B.Aベースメーク、アペックス、ホワイティシモ(パウダーファンデーション)の場合)。その他のアイテムは各商品ページをご参照ください。
※旧色番号との対応表は2枚目の画像となります。
ファンデーションを替えたら、いつもと同じ色番なのに色が違うのですがどうしてですか?
同じ色番号であっても、ファンデーションのシリーズが違えば、配合されている成分が違うので、微妙に色が違うことがあります。
さらに、同じシリーズのファンデーションであっても、リキッド、パウダーといったタイプの違いや、夏用か冬用かによって、配合される成分の種類や割合が微妙に違うため、同じ色番でも全く同じ色とは限りません。
また、使用する人の肌の色によっても仕上がりの色は変わり、肌色自体も体調や季節によって変化します。あくまでも色番はひとつの目安と考え、ファンデーションを購入する場合には必ずそのつど実際に肌につけて色を確認し、現在の自分の肌に最も合う色を選ぶようにしましょう。
夏用のファンデーションが残っています。秋になってからも使っていいですか。
秋の初めの頃は、まだ気温も湿度も高く、夏のような環境の日もあります。夏用のファンデーションが肌の状態に合っていれば、そのまま使用を続けても特に問題はありません。
ただし、夏用のファンデーションは、汗や皮脂に強く紫外線防止効果にすぐれている反面、やや保湿効果が低く、感触もさっぱりしたタイプが一般的です。季節の変化とともに、なんとなく肌が乾いてきたり、ファンデーションのつきやのりが悪くなってきたように感じたら、それを目安に保湿効果の高いファンデーションに切り替えてください。
パウダーファンデーションの表面に細かいブツブツができましたが、これは何ですか?
このような粒や固まりは、ファンデーションの粉体が集まって固まったもので、異物や変質ではありません。
パウダーファンデーションには、保湿効果や肌への密着性を高める目的で、粉体とともに保湿剤が配合されています。最近では化粧効果、使用感などをさらに高めるために、粉体の表面に保湿剤などを直接コーティングすることも多くなっています。
そのため、スポンジでファンデーションを取るときに力が入り過ぎたり、同じ場所ばかりをこすっていると、粉体と粉体がくっついて粒や固まりができる場合があるのです。スポンジでファンデーションを取るときには表面を均一になでるように優しいタッチで取るようにしてください。
パウダーファンデーションの表面が硬くなり、スポンジにつきにくくなりましたがどうしてですか?
水分や油分、汗、皮脂などの汚れがついたままのスポンジを使っていると、汚れがファンデーションに付着し、表面が硬くなってしまうことがあります。
「ケーキング」と呼ばれるこの現象は、プレストタイプの粉おしろいでも同様におきます。ファンデーションをつける前にはスキンケア化粧品を十分に肌になじませ、まだ湿っているようなら、ティッシュで軽くおさえるようにしましょう。スポンジもこまめに洗って清潔にしておくよう心がけましょう。
硬くなってしまった時は、ファンデーションの表面を少し削るともとのように使用できます。
化粧くずれが気になるのですが、どんなファンデーションを選べば良いですか?
夏用のファンデーションは化粧くずれしにくくできています。
特にパウダータイプの商品は皮脂吸収力が高く、化粧もちが良いため、皮脂量が多い方にはパウダータイプを選ぶよう、おすすめいたします。
化粧下地は適量を肌によくなじませます。肌表面にべたつきや塗りすぎ、塗り残しがないか確認してからファンデーションをつけるのがコツです。化粧直しの時は、汗や皮脂などを押さえるように取り除いてからファンデーションをのせましょう。
こするとムラになりますので、ふんわりとのせるように付け足すのがポイントです。化粧直しには、プレストパウダー、ルースパウダーを使用するのも、化粧くずれに対しては効果的です。
2層式のリキッドファンデーションは夏向けだと聞いたことがあるのですが、「モイスティシモ」のリキッドファンデーションは、通年使用可能でしょうか?
夏用の2層式リキッドファンデーションは、化粧もちをよくするため、メーク層+「揮発するみずみずしいうるおい層」の2層になっています。
肌を保湿しながら、みずみずしくのび、スムーズに揮発することで肌にフィットします。「モイスティシモ」のリキッドファンデーションは、保湿成分を配合した2層式。うるおい層を均一にファンデーションに混ぜるため、しっかりと(約10回程度)振ってからお使い下さい。
「モイスティシモ」の、リキッドファンデーションはパフ使用と指使用どちらがおすすめですか?また、パフが別売りなのはなぜですか?
パフで使用することで、均一でムラのないなめらかな肌に仕上がります。
ただし、保湿成分を配合しているためパフに吸われる分を考慮して、少し多めにお使いいただくことがおすすめです。
指で使用する場合は、細かい部分もカバーしやすいです。お好みに応じて使い分けください。
また、「ホワイティシモ リキッド ホワイト」は揮発するうるおい層を配合しているため、キレイに仕上げるためには肌全体にスピーディーにのばすことがポイントです。そのため商品にパフを同梱していますが、「モイスティシモ リキッドファンデーション」はお好みに応じてパフ使用・指使用どちらも可能なため、別売りとなっています。
「モイスティシモ」の、パウダーファンデーションの容量が「ホワイティシモ」と違うのはなぜですか?
「モイスティシモ」も「ホワイティシモ」同様、ルースパウダーの様に軽い粉体を採用しています。
ただし、「モイスティシモ」の方がしっとりしている分、粉体がすきまなく金皿の中に入るため容量が少し重くなっています。
例えて言うなら、「ホワイティシモ」がふんわりしたスポンジケーキだとすると、「モイスティシモ」はしっとりしたマドレーヌのようなイメージ。重さは違ってもかさ(体積)は同じですので、使用期間は同等です。
「モイスティシモ」の、プレストパウダーが1色しかないのはなぜですか?どのファンデーションの色をお使いの方にも、おすすめできますか?
「モイスティシモ」のプレストパウダーは、ファンデーションでつくった桃色の血色感やツヤのある質感を活かすため透明感のある粉体を配合し、トランスルーセント(透明)仕上げの1色展開となっています。
肌色を問わず自然になじむ仕上がりですので、すべての方にお使いいただけます。また、自然な仕上がりにしたい場合はベージュ色層を多めに、明るい仕上がりにしたい場合はピンク色層を多めに、と2色の取り方を調節していただくこともおすすめです。

FAQトップページに戻る