トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

当社の商品をご利用いただいているお客様からの、よく寄せられるご質問と回答を掲載しています。

キーワードから探す

日ヤケ止めに関するよくあるご質問

日ヤケ止めに書いてあるSPFとPAはどういう意味ですか?
紫外線にはUV-A波とUV-B波の2種類があり、肌老化の要因のひとつになると考えられています。
「SPF」と「PA」は紫外線防止効果の程度を表すもので、紫外線カット効果のある化粧品を選ぶ際の目安となります。「SPF」は Sun Protection Factor の略語で、主としてシミ・ソバカスの要因となるUVB(紫外線B波)によるサンバーン(赤くなる日ヤケ)の防止効果を表し、数値が大きくなるほど防止効果が高くなります。
「PA」は Protection Grade of UVA の略語で、シワ・たるみの要因となる「UVA(紫外線A波)」の防止効果を表しています。UVAによる短時間で皮フが黒くなる反応を指標にしたUVAの防御効果を表しており、PA+というように表示されます。+が多いほど、UVAの防止効果が高くなります。UV-A波は紫外線のうち約95%を占め、 冬場もあまり減ることなく降り注いでいるので、一年中注意が必要です。
SPFとPAどちらも、値が高いほど効果が高くなります。(国内最高値はSPF50+、PA++++)やけたくない方は日常的に高い数値のものを使いましょう。
紫外線防止化粧品はSPF・PAがどの程度のものを選べば良いですか?
生活シーンに合わせたSPF・PA値は下図が目安です。※SPF50+ 日本化粧品工業連合会において定められた統一基準です。SPF値が50を超える商品の場合に、SPF50+という表記となります。
日ヤケ止めを塗っていたのに日ヤケしてしまいました。どうしてですか?
日ヤケを防ぐためには、紫外線を浴びる状況に応じた最適な紫外線防止効果「SPF」「PA」を確認し、紫外線防止用化粧品を選ぶことが必要です。
たとえ、耐水性の高いものでも、一度塗っただけでは時間の経過とともに多量の汗や皮脂、プールの水や海水、衣服の摩擦などが原因で落ちてしまうことがあります。
また塗りムラがあったり、使う量が少なくても十分な効果は得られません。日ヤケ止め効果を十分に発揮させるためには、適量を適度な厚さで肌にムラなく塗ることと、少なくとも2〜3時間おきに塗り直しをすることをおすすめします。
ウォーターレジスタンスとウォータープルーフは、どう違いますか?
ウォーターレジスタンス試験は、人の背中にUVクリームを塗布して40分間ジャグジーに浸かり、UVカット効果の維持ができているかというのをみる試験です。
ウォータープルーフ試験は、その時間が80分という違いがありますが、ウォーターレジスタンスでも耐水効果をきちんと発揮するのがわかります。
しかし、長時間塗りなおさなかったり、タオルなどで激しくこすってしまうと落ちてしまう場合もあるので、そのような場合は塗りなおしてください。
日ヤケ止めクリームと化粧下地はどちらを先に塗るのですか?
日ヤケ止めクリームが先で、化粧下地が後です。化粧下地はファンデーションのつきをよくする働きがあるので、ファンデーションの直前に使います。
「B.A プロテクター」の後に下地を使う必要がありますか?
「B.A プロテクター」にはファンデーションのもちや仕上がりを助ける下地の機能はありません。メークをする場合には、「B.A プロテクター」のあとにアンダーメーク(下地)をお使いください。
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」に紫外線吸収剤は配合されていますか?
なめらかでここちよい感触と紫外線カット効果の両立のため紫外線吸収剤を配合しています。
紫外線吸収剤に抵抗がある場合は、紫外線吸収剤フリーの「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」をおすすめします。
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」は、専用クレンジングが必要ですか?
専用クレンジングは必要ありません。
顔・からだともに普段お使いの洗浄料で落とすことができます。
顔の場合、メークをしているときはクレンジングと洗顔料で落としてください。
メークをしていない時や、男性やお子さまなど普段クレンジングをお使いにならない方は、洗顔料で丁寧に洗っていただくことで落とすことができます。ただし、顔は皮膚が薄い上、細かい凹凸があるため、メークをしていない場合でもクレンジングをお使いいただくほうが、より肌への負担が少なく落とすことができます。
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」の「ウォータープルーフ」と、「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」の「ウォーターレジスタンス」の違いは何ですか。
どちらとも、水にぬれても紫外線カット効果が変化せず、持続することを示します。ウォータープルーフは、水浴20分×4回、ウォーターレジスタンスは水浴20分×2回の耐水テストを行っています。より水に強いのはウォータープルーフです。
紫外線カット効果が非常に高い商品ですが、毎日使用できますか。毎日使用しても肌に負担にならないでしょうか。
基本的には毎日お使いいただいて問題ありません。
ご心配な方は少量お試しいただいてからお使いいただくようにしていただければと思います。紫外線吸収剤を避けたい方は、紫外線吸収剤フリーの「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」をお使いいただくようご紹介ください。

FAQトップページに戻る