トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

当社の商品をご利用いただいているお客様からの、よく寄せられるご質問と回答を掲載しています。

キーワードから探す

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドに関するよくあるご質問

日ヤケ止めに書いてあるSPFとPAはどういう意味ですか?
紫外線にはUV-A波とUV-B波の2種類があり、肌老化の要因のひとつになると考えられています。
「SPF」と「PA」は紫外線防止効果の程度を表すもので、紫外線カット効果のある化粧品を選ぶ際の目安となります。「SPF」は Sun Protection Factor の略語で、主としてシミ・ソバカスの要因となるUVB(紫外線B波)によるサンバーン(赤くなる日ヤケ)の防止効果を表し、数値が大きくなるほど防止効果が高くなります。
「PA」は Protection Grade of UVA の略語で、シワ・たるみの要因となる「UVA(紫外線A波)」の防止効果を表しています。UVAによる短時間で皮フが黒くなる反応を指標にしたUVAの防御効果を表しており、PA+というように表示されます。+が多いほど、UVAの防止効果が高くなります。UV-A波は紫外線のうち約95%を占め、 冬場もあまり減ることなく降り注いでいるので、一年中注意が必要です。
SPFとPAどちらも、値が高いほど効果が高くなります。(国内最高値はSPF50+、PA++++)やけたくない方は日常的に高い数値のものを使いましょう。
日ヤケ止めは専用のクレンジングで落とさないといけないのでしょうか?
ポーラの商品は、「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」、「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」、「薬用UVミルキィ ホワイト」は、専用クレンジングは不要です。
洗顔の際は、普段お使いのクレンジング料で落としてから、洗顔料で洗ってください。体の場合は石けんやボディソープなどで丁寧に洗い落としてください。
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」の後に下地を使う必要がありますか?
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」にはファンデーションのもちや仕上がりを助ける下地の機能はありません。メークをする場合には、「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」のあとに「ホワイティシモ デイセラム」をお使いください。
顔に使用する場合の使用順序を教えてください。
スキンケアの後、日ヤケ止め→化粧下地→ファンデーションの順にお使いください。
ポーラの日ヤケ止めについて、使い分けと違いを教えてください。
「ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス」は、旧品よりさらに高いUVカット効果と心地よい感触を追求。業界最高水準のUVカット効果(SPF50+・PA++++)に加え、美白有効成分と、保湿成分を配合した薬用美白日ヤケ止めです。白浮き、ベタつきがなくなめらかにのびる心地よさ。ウォータープルーフ対応のミルクタイプで、水に濡れてもUVカット効果が持続。顔だけでなくボディにも使用でき、真夏のリゾートやレジャーにおすすめです。
「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」は、紫外線吸収剤を使わないマイルド設計の日ヤケ止め美容液。2歳以上のお子さまも対象にした幼児プラクティカルテストを実施しています。さらりとした感触のクリームタイプです。「B.A プロテクター」は、高いUVカット機能のある日中用エイジングケアクリームです。ポーラ最高峰ブランドB.Aのスキンケアと共通成分ゴールデンLPを配合。コクのある濃厚な感触なのに、肌にのばすとみずみずしく広がり、なじみます。SPF50・PA++++の高い紫外線カット効果はもちろん、近赤外線までもカット。乾燥からも肌を守り、日中の肌をケアし続けます。
日ヤケ止めには、下地の効果はありません。太陽や大気の影響が気になるこの時期は、日ヤケ止め、化粧下地、ファンデーションと、アイテムをミルフィーユのように重ねることでお肌をしっかり守りましょう。

FAQトップページに戻る