トップページ > 今月の美肌相談室

美肌相談室 vol.30

秋への境目ケア Q&A

たとえ残暑が厳しくても、9月になるとファッションや
気分は少しずつ秋モード。 肌もそろそろ秋を意識したいところだけれど、
意外と難しいのが季節変わりの境目ケアです。
今回は、お客さまから寄せられたさまざまな疑問にお答えします。

  • anchor01

    anchor01

    point01

  • anchor02

    anchor02

    point02

  • anchor03

    anchor03

    point03

  • anchor04

    anchor04

    point04

閉じる

  • main_img01

  • main_img01

  • main_img01

  • main_img01

point01

紫外線も近赤外線も8月から下降していきますが、1年の中でゼロになることはありません。日中用クリームとしても使える日ヤケ止めなら、切り替えいらずで1年中使えるので迷い無し!です。

BEAUTY TECHNIQUE

閉じる

  • main_img02

  • main_img02

  • main_img02

  • main_img02

point02

乾燥する、ハリがない、くすむなど、季節の変わり目の肌変化はエイジングのサイン。肌の変化を感じたら、早めに美容液などのスペシャルケアをプラスしましょう。ピアノを弾くように指先でタッピングして血行促進する方法もおすすめです。

BEAUTY TECHNIQUE

閉じる

  • main_img03

  • main_img03

  • main_img03

  • main_img03

point03

9月は肌のうるおい状態がもっとも良い時期ですが、ここから一気に乾燥が進む境目とも言えます。乾燥を感じてからではなく、肌状態が良い今のうちに、濃密なタイプに切り替えておきましょう。

BEAUTY TECHNIQUE

閉じる

  • main_img04

  • main_img04

  • main_img04

  • main_img04

point04

夏のダメージを引きずって、肌がゴワついているのかもしれません。そんな時こそマッサージをプラスしましょう。ポーラのセルフマッサージは、顔のコリ感スポットに着目。ほぐす、ながすなどのテクニックで、固くゴワついた肌を心地よくときほぐします。動画を参考に取り入れてみて。

BEAUTY TECHNIQUE

過去の記事を読む

vol.20
この秋、差がつくベーシックケア
vol.21
毎日がスペシャル
肌もキラリ、輝いて。
vol.22
2018年自分の好きな
肌を目指そう。
vol.23
いい、肌色をつくる
『冬レシピ。』
vol.24
春ケアは
昼が勝負どき。
vol.25
春こそ、太陽と
仲良くいこう!!
vol.26
くすみとシミの
ポーラ最新サイエンス
vol.27
ちょっと待って!
あなたのその「ながすケア」
vol.28
ダメージ原因別
夏のリアルな肌事情
vol.29
真夏のケアテクニックと
秋への上手なスイッチ術