トップページ > 今月の美肌相談室

美肌相談室 vol.22

2018年 自分の好きな肌を目指そう。

「そろそろ肌のこと、ちゃんとしようかな」。

そう考えているなら、新しい年のスタートともにぜひ。

効果的なケアやアイテムの選び方を、お教えします。

point01

美肌の鍵を握る、
「肌バイタル」。

細胞が最大限の機能を発揮すれば、肌は老けない。それは、風邪を引いて薬を飲むのではなく、体の機能を高めることで風邪を寄せつけないことと同じです。ポーラは、誰もが持っている、この自ら美しさを保つ力を「肌バイタル」と呼んでいます。この「肌バイタル」を高めることこそ、肌を老けさせず、自分の好きな肌をキープする鍵でした。

point02

エイジングケアに、
「早すぎ」「やりすぎ」はなし。

ポーラが60代で美肌をキープしている人を調査したところ、総じて「キメが整っている」ことがわかりました。実はキメの状態は、年齢とともに緩やかに変化するのではなく、20〜30代にかけて大きく変化します。つまりこの時期に、保湿などのスキンケアをきちんと行い、キメの整った肌をキープしておくことが大切なのです。肌印象の変化が気にならないので油断しがちな年代ですが、未来を見つめて早めのエイジングケアを始めておくに越したことはありません。

毎日のお手入れで
肌バイタルを高める習慣を。

point03

使用アイテムはぜひ、
実力重視主義で。

「お手入れをしすぎると(良いものを使いすぎると)肌を甘やかす」などという話を耳にしますが、これは研究者的には都市伝説のようなもの。60代の美肌の持ち主は、20代〜30代から、自分にあったアイテムできちんとケアすることで、キメの状態をキープしているというデータもあります。ポーラのビューティーディレクターには、年齢を重ねても美肌をキープしている人がとても多いんですよ。スキンケア研究は「肌そのものの力を引き出す時代」へと進化しています。肌バイタルケアを始めるなら、最新の研究を搭載したブランドの持つ力に頼ってみてはいかがでしょうか?

ポーラ最高峰ブランドを使う喜び
「いつかはB.A」を「今年はB.A」に

point04

日中の肌バイタルケアでも、
差をつける。

夜の肌バイタルケア(スキンケア)はしっかりしているのに、日中はこれといって対策をしていない… という人は意外と多いもの。でも実は、紫外線や乾燥など、厳しい肌環境にあるのは昼の方。ベースメークなどでこれらの刺激から肌をしっかり守っておかないと、どんなに夜のケアを頑張っても実感が得られないということになりかねません。また、どうせなら「守る」だけでなくスキンケア効果もあるベースメークをセレクトすれば、24時間ケアをし続けることが可能です。

B.Aのスキンケアラインと共通の
美容成分を配合したベースメーク。

B.A デイセラムM
シルキーグロー

大人の肌にふさわしい、重厚ともいえる感触を持つ日中用美容液下地。ピンクゴールドのカラーがくすみを抑え艶と血色感をアップ。

25g¥9,720(税込) SPF30 PA+++

B.A パウダリィバーム
ファンデーションM

リッチなバームが肌の上でサラサラのパウダリィに。艶&うるおいと手軽さを両立した新感覚ファンデーション。肌が動いても美しいメーク膜をしっかりキープ。

6色 各10g 各¥11,880(税込) SPF20 PA+++

過去の記事を読む

vol.20
この秋、差がつくベーシックケア
vol.21
毎日がスペシャル
肌もキラリ、輝いて。
vol.22
2018年自分の好きな
肌を目指そう。
vol.23
いい、肌色をつくる
『冬レシピ。』
vol.24
春ケアは
昼が勝負どき。
vol.25
春こそ、太陽と
仲良くいこう!!
vol.26
くすみとシミの
ポーラ最新サイエンス
vol.27
ちょっと待って!
あなたのその「ながすケア」
vol.28
ダメージ原因別
夏のリアルな肌事情
vol.29
真夏のケアテクニックと
秋への上手なスイッチ術
vol.30
秋への境目ケア Q&A
vol.31
今始めるべきは、
「印象ゾーンケア」
vol.32
冬に立ち向かう肌に、贅沢を。
POLA Copyright © POLA. ALL RIGHTS RESERVED.

エイジングケアから美白、保湿まで。【化粧品のPOLA公式サイト】