トップページ > 今月の美肌相談室

美肌相談室 vol.16

毛穴※ケアは、大人のたしなみ

毛穴ケアと言われてもピンとこないあなた。 夕暮れどきに、鏡でじっくり肌を見てください。
メイクが崩れたり、肌がしぼんだりして 毛穴が目立っていませんか? それがあなたの肌の真実。
毛穴が目立つと清潔感がダウン、しかも年齢印象はアップ。
自分のためはもちろん、 大人はマナーとしても毛穴ケアを。

この時期は誰でも毛穴が悪目立ち

6月以降は一気に毛穴の目立ちが加速します。 だからこの時期、どんな人でも毛穴ケアは必要。
大人の毛穴目立ちの3つの原因に合わせた対策をとりましょう。

anchor01

冷房シーズンが始まり、肌の中は乾燥モード。
なのに肌表面はベタつくため、つい引き算ケアをしがち。
そのためこの時期の肌内部は、想像以上に乾燥が加速しています。
乾燥によりハリが失われ、毛穴が目立ちやすい状態に...。

対策1 >

夏には夏のうるおいをたっぷりと

うるおいをたっぷり与えて中からふっくらさせることで、ハリツヤのある毛穴が目立たない肌に。
ベタつくからと使用アイテムを減らす引き算ケアはNG。みずみずしさとうるおい実感を両立した夏用のベーシックケアを選ぶのはもちろん、エッセンスなどの足し算ケアも取り入れて。

image

対策2 >

肌を弾ませるようにタッピング

4本の指で軽く頬をタッピング。動画を参考に、スキンケア品の浸透を高めるような気持ち、ハリのない肌を弾ませるような気持ちで。スキンケアの時はもちろん、いつでもどこでも気軽にできる弾ませテクニックです。

anchor02

紫外線は毛穴にダブルパンチを与える大敵。
夏の肌を乾燥させる大きな原因であると同時に、毛穴の周りの柔らかい
コラーゲンを減少させて、開いた毛穴をもとに戻りにくくしてしまいます。

対策1 >

紫外線対策はミルフィーユ塗りで

紫外線カットアイテムは「何か1品」ではなく、重ね使いをして対策を強化!
例えば、ミルク、下地、ファンデーションというように、日中使うアイテムそれぞれに、
紫外線カット効果のあるものを。
ミルフィーユのように何層にも重ねることで紫外線からしっかり肌を守れます。

image

対策2 >

せっかく塗るならパーフェクトに

たとえミルフィーユ塗りをしていても、塗りもれや塗りムラがあると、紫外線はそのすき間から肌を狙ってきます。だから動画を参考にパーフェクトな塗り方をマスター。使用量を守る(少なすぎない)ことも大切です。

anchor03

どんよりとしたお天気でなんとなくイライラしたりストレスを感じたりする時期。 ストレスは、毛穴を広げる皮脂の分泌を増やすうえに、紫外線同様、毛穴の周りの柔らかいコラーゲンを減少させて、開いた毛穴※をもとに戻りにくくしてしまいます。

対策1 >

毎日のスキンケアをうっとりタイムに

好きな香りや香りにこだわったスキンケア品を使うだけで、その日の心のこわばりをときほぐす時間に。
ケアの最後に両手で鼻を覆って深呼吸すると、より深く香りを感じられます。
マッサージなどを取り入れて、積極的に香りとうっとり感を味わう時間を作るのもおすすめ。

image

対策2 >

疲れは「感じる前」にリフレッシュ

疲れやストレスは一度ためてしまうと解消するのはなかなか大変。 だからこそ「疲れた」と感じる前に、こまめにリフレッシュを。 動画のようなストレッチなら、血行がアップして肌にも嬉しい!

anchor04

「とにかく今すぐこの毛穴を隠したい、なんとかしたい」
そんな時は、下地とファンデーションがものをいいます。
選び方、使い方で差をつけて。

対策1 >

毛穴はもちろん表情へのフィットも意識

まずは毛穴や凹凸にフィットしてくれるファンデーションを選ぶこと。
さらにその仕上がりをキープできるかどうかは大きな問題。
特に「話す」「笑う」「食べる」などの表情の動きにしっかりついてきてくれることは大切!
大人のファンデーション選びの新しい視点です。

image

対策2 >

つるんと肌になれる簡単テクニック

気になる毛穴を下地とファンデーションだけで、つるんと自然になめらかに、目立たなくさせるテクニック。新体操のフェアリージャパンのメークコーチも使っている、簡単だけどプロ仕様のテクニックです。

  • ※ 角層の毛穴

過去の記事を読む

vol.12
冷えないためのあの手この手
vol.13
6つのコツでうるおう人
vol.14
めぐらせよう!すみずみまで
vol.15
ゆらぐ春、ゆらがない私
vol.16
毛穴ケアは、大人のたしなみ
vol.17
2017Summer 「夏ケア」が気持ちいい
vol.18
朝を制する女は、真夏を制す。
vol.19
美容液について知っておきたい6つのこと
vol.20
この秋、差がつくベーシックケア
vol.21
毎日がスペシャル
肌もキラリ、輝いて。
vol.22
2018年自分の好きな
肌を目指そう。
vol.23
いい、肌色をつくる
『冬レシピ。』
vol.24
春ケアは
昼が勝負どき。
vol.25
春こそ、太陽と
仲良くいこう!!
vol.26
くすみとシミの
ポーラ最新サイエンス
vol.27
ちょっと待って!
あなたのその「ながすケア」
vol.28
ダメージ原因別
夏のリアルな肌事情