トップページ > 今月の美肌相談室

美肌相談室 vol.12

冷えないためのあの手この手

女性にとって冷えは禁物。それは、カラダはもちろん肌にも言えること。
毎日の生活の中に、ちょっとした「温かくなるコツ」を取り入れ、
積み重ねることで、今年は冷えに負けない12月を。温まるって幸せ。

  • anchor01
    手のぬくもりを、肌は喜ぶ。

    気温が低下し始めるこの時期は、当然肌も冷えてきます。実は、冷えた肌は…

    >続きを読む

  • anchor02
    もっと温まる生姜の選び方。

    ガラノラクトンやショウガオールなどの温め成分が豊富に含まれる生姜は…

    >続きを読む

  • anchor03
    ティータイムは絶好の温めタイム。

    からだを芯から温めてくれるホットドリンクは寒い冬はありがたい存在。せっかくなら…

    >続きを読む

  • anchor04
    マスク&ストールはこう使う!

    風邪予防はもちろん、化粧品の浸透を悪くする肌の冷え予防のためにも…

    >続きを読む

  • anchor05
    これなら続くプチ運動のススメ。

    からだを温めるには運動が一番!わかってはいても寒い外でウォーキング…

    >続きを読む

  • anchor06
    耳マッサージで顔がポカポカ。

    肌が冷えてスキンケア品の浸透が悪くなりがちな冬は、お手入れ前に「耳もみ」を…

    >続きを読む

image

手のぬくもりを、肌は喜ぶ。

気温が低下し始めるこの時期は、当然肌も冷えてきます。実は、冷えた肌は化粧品の浸透が鈍くなりがち。だから、ローションやミルク、クリームをつけた後には手のひらをこすって温め、その体温を伝えるようにハンドプレスをしましょう。肌の奥までしっかりと、スキンケア品&ぬくもりを届ける気持ちで。
  • step1

    step1

    ローション等を顔につけた後、
    手をこすって温める。

  • step2

    step2

    手のひらで両頬を包むように
    プレス。

  • step3

    step3

    額とあごを包むようにプレス。

image

もっと温まる生姜の選び方。

ガラノラクトンやショウガオールなどの温め成分が豊富に含まれる生姜は、冬の人気食材。でも実はスーパーで売られている一般的な生姜には、ガラノラクトンが含まれないものもあるんです。温め成分を積極的に摂りたいなら、スーパー温め食材と言われる金時生姜を。手に入りにくい時は谷中生姜でもOKです。
image

ティータイムは絶好の温めタイム。

からだを芯から温めてくれるホットドリンクは寒い冬はありがたい存在。せっかくなら、生姜や胡椒などからだを温める食材を使ったホットドリンクはいかが? すりおろし生姜とハチミツをお湯で割るだけの生姜湯なら簡単。手作りが大変なら、最近は生姜や黒胡椒を配合した温かい飲み物も市販されているので積極的に取り入れて。
image

マスク&ストールはこう使う!

風邪予防はもちろん、化粧品の浸透を悪くする肌の冷え予防のためにも、昼夜問わず対策を!昼は特に風による皮膚温ダウンに注意。ストールで口もとまですっぽり巻くのがおすすめです。夜は大きめマスクをつけて寝ると乾燥を防いでくれる上に寝息で肌が温まる効果も。もちろん、本気の風邪予防にはビタミンCも忘れずに摂りましょう。
image

これなら続くプチ運動のススメ。

からだを温めるには運動が一番!わかってはいても寒い外でウォーキング、ジョギング、ジム通いはちょっとハードルが高いですよね。そんな時はお部屋の中で運動を。スクワットや肩を回す運動なら、大きな筋肉を動かすので効率的に血行促進できます。
image

耳マッサージで顔がポカポカ。

肌が冷えてスキンケア品の浸透が悪くなりがちな冬は、お手入れ前に「耳もみ」をプラスしてみましょう。耳には毛細血管がたくさん張り巡らされている場所。耳を揉むことで、顔の血行が促進されます。夜のスキンケアの前なら、お風呂に入っている時などがいいかも!入浴剤を入れると、からだも温まって一石二鳥です。

過去の記事を読む

vol.20
この秋、差がつくベーシックケア
vol.21
毎日がスペシャル
肌もキラリ、輝いて。
vol.22
2018年自分の好きな
肌を目指そう。
vol.23
いい、肌色をつくる
『冬レシピ。』
vol.24
春ケアは
昼が勝負どき。
vol.25
春こそ、太陽と
仲良くいこう!!
vol.26
くすみとシミの
ポーラ最新サイエンス
vol.27
ちょっと待って!
あなたのその「ながすケア」
vol.28
ダメージ原因別
夏のリアルな肌事情
vol.29
真夏のケアテクニックと
秋への上手なスイッチ術
vol.30
秋への境目ケア Q&A